平成28年度 第5回 ”はあとふる天王寺”

2016年9月22日(木・祝)  本校体育館・中グラウンド

学校教育においてはもちろん、 今後の社会生活に不可欠なバリアフリー、ノーマライゼーション、 アダプテッドスポーツなどの教育活動を総合的に学習できる機会として開催された”はあとふる天王寺”は、今回で5回目となりました。
アダプテッドテニス(仮称)体験教室
誰でもどこででも楽しめるテニスを工夫しています。雨上がりのため、バスケットボールコートも活用して行いました。
アダプテッドバスケットボール(仮称)体験教室
体力や年齢に関係なく楽しめるバスケットボールの試みです。
『プラバン工房』(図工美術作品製作)
自作の絵をトースターであたためると素敵な飾りやキーホルダーになりました。
ブラインドテニス
視覚しょうがい者である選手が指導してくださいました。
ボールには鈴が入っていて、ラケットや床に当たった時には音がします。視覚しょうがいを体験できるめがねを装着するととても難しくなります。
車椅子生活体験
ちょっとした段差を越えたり、狭い場所で向きを変えるのはとても難しいことがわかりました。
茶の湯体験
しょうがいを持っている方が心をこめて点(た)ててくださったお茶をいただきました。茶道の歴史、茶器やお菓子の説明があり、文化を学ぶことができました。
講演会
『可能性を信じて 変化するすばらしさ
       〜しょうがい者スポーツを通して』
             高橋 明先生

しょうがい者スポーツ指導の第一人者である高橋先生の熱血講演に圧倒されました。しょうがい者の日常の姿からパラリンピックの紹介まで、スピーチはもちろん映像もすばらしく、感動の連続でした。
 
Copyright (C) 2016 Tennoji Junior High School attached to OKU. All rights reserved.