令和元年度 第8回 ”はあとふる天王寺”

2019年9月22日(日) 本校体育館メインアリーナ・中グラウンド・クラブハウス2階和室

学校教育においてはもちろん、 今後の社会生活に不可欠なバリアフリー、ノーマライゼーション、 アダプテッドスポーツなどの教育活動を総合的に学習できる機会として開催された”はあとふる天王寺”は、今回で8回目となりました。
アダプテッド・バスケットボール(仮称)体験教室
コートを小さく、ゴールを低く、ボールを小さくして行う車椅子バスケットボールです。体力的に弱い人も参加しやすくするための試みです。
ダプテッド・テニス(仮称)体験教室
バレーボールのコートを使い、ラケットとボールはショートテニスのもの、ネットはハードルを使っています。いろんな場所でテニスを楽しめるようにしようという試みです。軽いラケットとスポンジのボールなので安全です。体力的に弱い人も参加できます。
講演会「効果抜群!ラジオ体操第1をマスターしよう!」
明るくエネルギッシュな当山倫子先生は、ラジオ体操の1級指導士です。まず、ラジオ体操について詳しくレクチャーしてくださいました。
続いて、ラジオ体操第1のすべての動作を細かく実技指導してくださいました。なんといっても当山先生の見本がすばらしい!
さらにラジオ体操第3も教えてくださいました。リズム運動みたいで楽しい体操です。たっぷり汗をかきました。
車椅子生活体験
車椅子に乗って、段差を越えたり、狭い場所での操作に挑戦したりしました。
茶の湯体験
すばらしい日本文化の一つである茶道を体験しました。挨拶などの作法を教えていただき、掛け軸や茶道具などの説明を受け、お点前を拝見し、お菓子とお茶をおいしくいただきました。昨年6月に新築されたクラブハウスの和室で行われました。
ブラインドテニス体験教室
鈴の入ったスポンジのボールを使います。見えにくくしたものと、まったく見えないものと、2種類の目かくしをつけて体験しました。
フライングディスク
しょうがい者スポーツとしては、目標物である”輪”の中を通すものですが、今回は、一般の競技のものや”的あて”のグッズを使用しました。
ふうせんバレーボール体験教室
バドミントンのコートで行いました。風船の中に鈴が入っているので、音が鳴るとともに、風船が安定した飛び方をします。体力やしょうがいの程度に幅があっても、みんなが楽しめます。車椅子の人といっしょに行うことができるので、さまざまな設定ができます。
正式なルールに近いゲーム
全員が車椅子に乗って行うゲーム
シッティング・バレーボールみたいにやってみました。
全員寝ころんでやってみました。
卓球バレー体験教室
初めての試みです。幅30cmの板を使い、1チーム6人でピン球をころがして競技します。12人が卓球台を取り囲み、おおいに盛り上がりました。
講演会講師の当山倫子先生を囲んで集合写真
 
Copyright (C) 2019 Tennoji Junior High School attached to OKU. All rights reserved.