道徳教育研究会

平成27年度道徳教育研究会 「道徳科時代への展望と課題」

 本研究発表会は、ここ数年間取り組んできた本校の道徳教育における成果を集約した中間報告として位置づけております。特に、この2年間は、道徳的価値の内面的な自覚を志向しながら「価値認識」「自己認識」「自己展望」に関する発問の可能性を探究してきました。本年度は、文部科学省の「道徳教育の抜本的な改善・充実に係る支援事業」の研究助成を受け、多様な教材を用いたり、生徒が教材などを評価したりするなど、道徳科を視野に入れた実践活動を積み重ねてきました。
 このような研究の歩みを踏まえ、当日は趣の異なる3つの道徳授業を公開するとともに、各授業に分科会を設け研究協議を行います。さらに、その後の全体会において、パネルディスカッションを通して、道徳科時代に向けて展望と課題を明らかにしたいと考えています。

【主題】道徳科時代への展望と課題

【期日】平成28年2月19日(金) 12:50〜受付

【公開授業】(13:20〜14:10)

学年 主題 授業構想の視点
中1 公正・公平・正義
「だれを先に乗せる?」
NHK「ココロ部」第5回より
視聴覚教材を使用し、その場面をどう解決するかを通し、公正・公平な視点を意識させていきたい。また、その判断の過程において、グループ討議を行うことで、他人の意見と自分の意見の違いにも気づかせていきたい。
中2 家族愛 
「ガラスの小びん」
父親への反発と父親の意外な言動から親心を知る筆者の思いを考えさせる。また、このできごとから筆者が抱き始めた将来への展望についても考える機会とさせたい。 (読み物資料)
中3 正義を見極め実践する。 「正義」とは、人によって、また置かれている状況によってその定義が変わるものなのか。それとも、普遍的な「正義」が存在し得るのか。対話を通して考察を深めていきたい。


【研究協議】(14:20〜15:20)

学年 指導助言者 司会者
中1 教育課程調査官        澤田 浩一先生 本校教諭 吉村 昇
中2 大阪市立豊仁小学校校長   服部 敬一先生 本校教諭 廣P 明浩
中3 京都産業大学教授       柴原 弘志先生 本校教諭 荊木 聡


【全体会(パネルディスカッション)】(15:35〜17:15)

 H23年からの本校の歩みについて「価値認識・自己認識・自己展望」を踏まえながら報告するとともに、3名の先生にはパネラーとなっていただき「新時代の道徳授業に求められるもの」について鼎談していただきます。

パネラー
教育課程調査官        澤田 浩一先生
京都産業大学教授       柴原 弘志先生
大阪市立豊仁小学校校長   服部 敬一先生
本校教諭道徳推進(司会)   荊木 聡

Copyright (C) 2016 Tennoji Junior High School attached to OKU. All rights reserved.