第129回PTA公開講座報告
 〜親だけどまだまだ学べる!!懐かしい学生時代にタイムスリップ〜
(PTA役員会主催)
平成31年2月3日(日) 10時00分〜15時00分頃実施
場 所: 本 校
テーマ: 「広谷先生・廣瀬先生の真の姿に迫る」
  ◆ 講 義(10時00分〜11時30分) (13時00分〜14時30分)
    演 題:「飲み水の話」
    講 師:大阪教育大学附属天王寺中学校
         校 長 広谷 博史 先生
  ◆ 実 験(10時00分〜11時30分) (13時00分〜14時30分)
    演 題:「大気の力でものを動かそう」
    講 師:大阪教育大学附属天王寺中学校 
         副校長 廣瀬 明浩 先生
参加者: 42名(保護者32名、中学生8名、先生2名)

 

 保護者の皆様に先生方の研究者としての姿を身近に感じていただき、より附中を好きになっていただこうと思い企画致しました。参加者を講義→実験グループと実験→講義グループの2グループにわけ、2部交代制としました。
先生方の研究テーマでもある「“いのち”を繋ぐ『水と空気』を考え、それを科学の力で広く届ける知恵を絞った歴史」を紐解き、実験をしたり、本来の《学ぶ》ということの本質でもある“何か楽しい”、“何かわくわくする”という気持ちを保護者の皆様方にも思い出していただきながら、それを伝えたいという先生方が、どのような熱い想いで研究をされているのか、その思いに触れ、実際に肌で感じていただくことのできる一日になればよいなと思い開催する運びとなりました。
受付の様子
本日のレジュメ
本日の講師 広谷先生
水道水はそのまま飲んでも安全な飲み物です。しかし水を飲む以上リスクはゼロではない。その原理をお話してくださいました。
先生のお話はわかりやすく聞き入ってしまいました。
質疑応答の様子
午前授業終了後、ホールに移動し廣瀬先生によるお茶での乾杯で昼食開始です。
本日のお弁当です。おいしくいただきました。
なかなか見ることのできない白衣の廣瀬先生
持参したアルミ缶を熱するところから実験授業開始です。
みんなで実験装置(セーヴァリポンプ模型)の組立です。苦戦しながら作りました。
真空実験の様子です。真空のすごさに驚きました。
授業後には修了証書の贈呈がありました。
学びのもりに移動して最後のドラム缶実験
真空状態になったドラム缶は一瞬でこのとおり!
すごい音でびっくりしました。
PTA会長井上様より先生方に謝辞が述べられました。
最後に全員でドラム缶と記念撮影

9月30日に開催予定でしたが台風の影響で2月3日に延期されました。雨が懸念されましたが、無事に開催され終了することができました。
普段見ることのできない先生方の起立、礼から始まる授業を受けることができ、私たち保護者も学生に戻った気分を味わうことができました。先生方もなかなか授業をされる機会が少なくなっていると思いますが、これを機に今日参加できなかった子どもたちにも是非その姿を披露していただきたいです。
ご多忙の中、本日の講演のスライド、実験授業のレジュメなどの作成もして下さり大変だったと思います。
広谷先生、廣瀬先生 本当にありがとうございました。
最後に本日の設営にあたり準備して下さったPTA役員の皆様、そして参加していただきました保護者の皆様、ありがとうございました。
文責 PTA広報委員会
 
Copyright (C) 2019 Tennoji Junior High School attached to OKU. All rights reserved.