中3(71期生) 保護者懇談会(学級委員会主催)報告

日 時:

令和元年7月3日(水) 10時〜12時実施

場 所:

本校小講堂(南館3階)

テーマ:

「子供の生活実態と親子関係〜アンケート結果も踏まえて〜」

参加人数:

58名

内 容:

1.学級委員長による開会の挨拶
2.学年主任荊木先生からのご挨拶と体験談を語る卒業生のご紹介
3.卒業生(63期生)3名の体験談
4.アンケート結果の概略説明(荊木先生)
5.交流会(小グループに分かれて意見交換と発表)
6・学級委員長による閉会挨拶

 

学年主任の荊木先生によるご挨拶のあと、先生の教え子でもある63期生の卒業生3名の方に体験談をお話ししていただきました。その後、令和元年6月7日に行われた生徒アンケート結果の概略説明があり、続いて小グループに分かれ、学級委員の進行により、テーマに沿って各ご家庭での現状や問題について話し合いました。
学級委員による受付の様子
学級委員長による開会の挨拶
学年主任 荊木先生からのご挨拶
卒業生(崎原さん)による体験談
卒業生(榎さん)による体験談
卒業生(高田さん)による体験談

卒業生からは学校生活での自己管理の大切さ、親子関係での距離感の重要性、「親には見えていなくとも子供もきちんと焦り考えているのだ」という事、学ぶ事の意味など、学生の目線での貴重なお話しをしていただきました。

交流会の様子(桑名先生)
交流会の様子(青木先生)
交流会の様子(福西先生)
交流会の様子(今木先生)

発表内容(交流会内容)
  • 携帯の使用について気になる点も多いが、勉強に役立てている事もあり、その管理の難しさを感じる。
  • 親子の対話の時間を作るため、あえて食事を外に連れ出すなど工夫を。
  • 卒業生の体験談から、附高での自主自立の精神が子供を成長させてくれることへの期待。
  • 卒業生の体験談は非常に貴重で子供にも聞かせてやりたい。
交流会まとめ発表の様子
学級委員長による閉会の挨拶
保護者懇談会を終えて
今回は卒業生を迎え、貴重な体験談を伺う機会をいただき、私たち保護者にとって大変興味深く、有意義な時間となりました。改めて子供との距離感について考えさせられるとともに、私たち親としてのフォローやアドバイスの在り方を考えるうえで大変参考になりました。また卒業生ご自身の失敗談・当時の悩みの実体験を経て、「あきらめなくてよい」という希望につながるお話でもあり、進学を控えた子供たちにもぜひ聞かせてやりたいと感じる充実した時間を過ごすことができました。
懇談会にご協力いただきました先生方、卒業生皆様、学級委員の皆様、ご参加いただいた多くの保護者の皆様、本当にありがとうございました。
文責 PTA広報委員会
 
Copyright (C) 2019 Tennoji Junior High School attached to OKU. All rights reserved.