ビオトープ学習会「学びのもり ビオトープを知ろう」

2008年11月8日

11月8日のスーパーサタデーでは、ビオトープの学習会を行いました。講師は、本校のビオトープの設計者であり、本校卒業生でもある嶽山さん、それからビオトープの工事をしていただいたグリーントラストの廣瀬さんのお二人にお願いしました。その授業のようすを紹介します。
                                                                             
まず最初に嶽山さんの授業です。現場主義を強調されていました。
会場の生物講義室には、約30人の中学生と高校生が集まりました。
授業の内容は、「ビオトープ」をつくろうです。コンピュータソフトを使ってビオトープを設計しました。
これは、池を設計しているところです。
嶽山さんの説明を聞きながら、実際にビオトープの設計をしました。
設計に夢中になり、嶽山さんの説明が耳に入りません。
後半は、グリーントラストの廣瀬さんの授業です。
一級ビオトープ施工管理士、環境再生医の肩書きをもつグリーントラストの小泉さんも参加してくれました。
小雨が降っていましたが、本校のビオトープの紅葉がきれいです。
ビオトープマップと携帯電話を使って調査を行いました。
班ごとに植物や昆虫などの調査を行いました。
携帯電話のカメラで写したデーターを送信しました。
調査だけではなく、現場でも廣瀬さん達からレクチャーを受けました。
何か見つけたようですね。じっと観察しています。

今回の授業で、本校のビオトープの設計や工事に携わっていただいた人たちの思いが、生徒の皆さんに伝わったのではないでしょうか。生徒の皆さんは、自分たちのビオトープとして末永く活用してください。最後に、ビオトープとは、「bio(いのち)+topos(場所)」であり、敢えて訳すと生物空間、もしくは生物生息空間だそうです。(文責 岡)

 
Copyright (C) 2008 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.