本校の特色

 本校は平成18年、創立50周年を迎えましたが、この間一貫して、個性を伸ばし、豊かな人間性と自主・自立の精神の育成を教育目標に掲げ、歩み続けてきました。本校を巣立った数多くの方々は社会の第一線に立ち、大いに活躍されています。
 本校の教育の特色は“個”を大切にしながらも、先生と生徒が一体となり、不断に学習・教育環境を創出し、学校教育全般の質的レベルを向上させようとする点にあります。果てしない好奇心を満たす「スーパーサタデー」、各自の生命観を醸成する「生命論」などの独自の学習空間が設けられています。自然科学や社会科学に関する基礎的な研究方法を習得してもらおうと願うからです。生徒は誰でも自らの力量、興味・関心に沿って学習を深めることができます。
 もう一つの側面として、3年間を通し、生徒主体の豊富な活動が系統的・発展的に配置されていることが挙げられます。生徒主体とは、生徒諸君が計画を立て、自分たちの力でやり抜くことを意味します。現在、「附高祭」、「音楽祭」、80kmを2日間かけて歩く「百粁徒歩」、そうして、総合的な学習能力を高めるための「研究・体験旅行」などが実践されています。各種のクラブ活動も盛んでハイレベルです。
 日常の授業では、各教科内容の基礎を確実に理解した上で、充実、発展へと学力を高めます。それだけに、先生も生徒も“真剣勝負”で授業に臨んでいます。
 本校は以上のように、“歴史は先生と生徒が一体となり創り出していくものである”という精神のもと、歩み続ける魅力的な学校です。
 目的を持って学習すれば、きっと仲間と共に充実した高校生活を過ごせるに違いありません。

 また、本校は大阪教育大学に附属する高等学校で、教育基本法および学校教育法に基づいて、高等普通教育を行うとともに、下記の各項目を特別の任務としています。

1.研究学校
大学と一体になって教育の理論、現場の教育の実際に関する科学的研究を行います。

2.実証学校
教育研究の結果、到達した最善の理論を実験・実施して広く教育界の参考に供します。

3.実習学校
大学学生の教育実習を行います。

4.現職教育学校
現職教員の再教育の一端を担います。


Copyright (C) 2007 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.