台風接近等に伴う警報発令時の措置

台風の接近等に伴い、気象警報などが出された場合、本校では次のような措置が取られます。なお、大雨、洪水などの警報は地域性もあるので、「暴風警報」のみを基準とします。

1.気象庁が大阪市に暴風警報を発令し、午前 6 時現在発令中である場合、臨時休校とする。

2.午前 6 時を過ぎてから、生徒が自宅を出るまでの時間帯に大阪市に暴風警報が発令された場合も、臨時休校とする。登校してきた生徒に対しては、安全上必要な措置をとる。

 大阪市以外の地域に出されている暴風警報、大雨や洪水に関する警報、あるいは地震災害等に対しては、居住地との位置関係等も含め各自状況に応じて判断し、危険が及ばないように行動してください。

台風接近等に伴う警報発令時の措置

登校前及び登校中に本校の通学区域にJアラート(全国瞬時警報システム)が発令された場合、学校として次のように対応します。

1.生徒が登校前にJアラート等により緊急情報が大阪府に配信された場合、生徒は自宅待機とします。その後「弾道ミサイルが日本上空を通過した」あるいは「日本の領海外に落下した」との情報が発信され次第、自宅待機を解除します。この際の始業時刻については、状況に応じて判断します。ただし,始業時刻に遅れた場合でも、遅刻の扱いにはしません。

2.登下校中に緊急情報が配信された場合、「できる限り頑強な建物や地下に避難する」「近くに適当な建物がない場合、頭部を守る行動をとる」よう指導しています。ご家庭でもご指導、緊急時対応の話し合いをお願いいたします。
公共交通機関を利用中に緊急情報が配信された場合は、交通機関の指示に従って避難し、その後「弾道ミサイルが日本上空を通過した」あるいは「日本の領海外に落下した」との情報が発信され次第登校してください。この場合も、始業時間等については状況に応じて判断します。

3.登校後に大阪府に緊急情報が配信された場合、屋外にいる生徒を教室等屋内に避難させ、安全確保に努めます。その後、安全確認のうえ、授業等を再開します。