第54回教育研究会

日 時: 平成19年2月17日(土)

テーマ: 「今、求められている教科の力 〜学力を考えるII〜」

国語 テーマ: 「読み」の再構築
授業 I (中1)  「読解力を土台とした表現活動」  本校教諭 谷 周平
授業 II (高I) 「作品内容を考えた訳を試みよう」  本校教諭 藤本 一栄
研究と協議
指導講師  大阪教育大学助教授  住田 勝 先生
司  会  本校教諭  宮川 康
社会 テーマ: 時代が見える歴史の授業
授業 I (中2) 「地券から地租改正の時代を読む」  本校教諭 出原 真哉
授業 II (高II) 「ジャズエイジと進化論裁判」 本校教諭 笹川 裕史
研究と協議 「どうすれば『時代が見える』のか?」
指導講師  関西大学教授  山住 勝広 先生
司  会  本学附属高等学校池田校舎教諭  佐々木 利昌 先生
数学 テーマ: 数学的活動の楽しさ」を知る教材の研究
授業 I (中3) 「中学における『結び目の数学教材化』」  本校教諭 芝本 裕司
授業 II (高II) 「高校における『結び目の数学教材化』」  本校教諭 岩瀬 謙一
研究と協議 「数学的楽しさを知る」教材の研究II
指導講師  神戸親和女子大学教授
 芝浦工業大学助教授
 本間 俊宏 先生
 瀬尾 祐貴 先生
司  会  本校教諭  藤田 幸久
理科 テーマ: 効果的なイオンと中和の指導法 
授業 I (中3) 「イオンと化学反応−マイクロスケール実験−」  本校教諭 三木 康宏
授業 II (高I) 「中和と熱−パソコン計測システムの活用−」 本校教諭 岡 博昭
研究と協議
指導講師  大阪教育大学教授  横井 邦彦 先生
司  会  本校教諭  筒井 和幸
英語 テーマ: 効果的なインプットから、自発的なアウトプットへ
授業 I (中1) 「インプット・アウトプットからフィードバックへ〜過去形を用いて〜」  本校教諭  楠井 啓之
授業 II (高II) 「アウトプットを位置づけた授業」  本校教諭 冨田 大介
研究と協議
指導講師  京都教育大学助教授  西本 有逸 先生
司  会  本校教諭  徳永 京子
美術 テーマ: アートを語ろう見て感じる鑑賞教育
授業 I (高II) 「絵画を考える 」  本校教諭 首藤 友子、原田 昌幸
授業 II (中1) 「見て感じる鑑賞教育」  本校教諭 首藤 友子
研究と協議 「絵画を通した鑑賞教育」
指導講師  本学附属池田中学校副校長  石田 晶大 先生
司  会  本学附属天王寺小学校教諭  河野 敬重 先生
保健体育 テーマ: アダプテッド・スポーツの可能性
授業 I (中3) 「アダプテッド・スポーツの試み〜車いすバスケットボールをモデルにして〜  」  本校教諭 武井浩平
授業 II (中1) 「見て感じる鑑賞教育」  本校教諭 首藤 友子
パネル
ディスカッション
「アダプテッド・スポーツの可能性を考える」
パネリスト  車いすバスケットボール選手
 川村義肢(株)代表取締役社長
 NPO法人ハート・オブ・ゴールド
 障害者カヌー協会会長
 梅津 昭博 先生
 川村 慶 先生
 武藤 勝行 先生
 吉田 義朗 先生
コーディネーター  本校教諭  武井 浩平

全体講演  「地球の中を見て考える」
          京都大学総長 理学博士 尾池 和夫 先生