このページでは、本校のビオトープの活用を紹介していきます。
10月29日(水) 16:00開演
秋めいた気配を感じさせる学びのもりにて、中高吹奏楽部合同のハロウィンコンサートが行われました。

<Program >
♪ 錨をあげて :中学吹奏楽部
♪ Let It Go :高校吹奏楽部
♪ CENTURIA :高校吹奏楽部
♪ HARRY POTTER SYMPHONIC SUITE :中高吹奏楽部
(アンコール)
♪ Y.M.C.A.
:中高吹奏楽部

当日配布されたパンフレットの傍らには、ハロウィンらしくジャックオーランタンが飾られていました。
開演前、集まり始めた保護者の方々の前で準備が進みます。
開演までわずかとなり、各パートでの音合わせが始まります。
まず1曲目は、中学吹奏楽部による「錨をあげて」です。
「錨をあげて」は、中学校体育大会の行進でも演奏されました。
小気味よいテンポでコンサートのオープニングを飾ります。
2曲目は高校吹奏楽部による「Let It Go」。今年、本当に色々なところで耳にした曲なので、聴衆の中には思わず歌詞を口ずさむ姿も見られました。
3曲目は引き続き高校吹奏楽部による「CENTURIA」です。
打楽器が重めにリズムを刻み、荘厳で貫録のある演奏でした。
金管楽器がメロディーに華やかさを添えます。
高校吹奏楽部部長さんによる挨拶の後、中学生が再入場し、中高吹奏楽部が勢揃いします。
中高合同演奏による「HARRY POTTER SYMPHONIC SUITE」が、ガラスのような繊細な音色で始まります。
映画「HARRY POTTER」シリーズの謎めいた雰囲気が漂い、何か不思議な事が起きそうな、わくわくした気分にさせてくれます。聴衆の皆さんも、魔法にかかったような気分に浸られたのでは…。
アンコールに応えて「Y.M.C.A.」の演奏が始まります。
ハロウィンならではの演出や、「Y・M・C・A」を「O・K・U・T(Osaka Kyoiku University Tennoji)」に変えて来場者の皆さんと盛り上がる場面もありました。
帰りには、吹奏楽部員の皆さんが校門でお見送りをして下さいました。


旬な選曲も多く、新しい曲に熱心にチャレンジされている様子が窺われました。
中学・高校吹奏楽部の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。
秋色に彩られた学びのもりに美しく楽しい音色の響いたひと時でした。   (中学PTA役員)
Copyright (C) 2014 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.