このページでは、本校のビオトープの活用を紹介していきます。

大阪府立生野聴覚支援学校への図書寄贈


 道草館に収蔵される図書は、年に2回の割合で新規購入を行っています。新規購入によって書庫に入りきれなくなった図書は、中学校図書委員会によって希望者への配布を行ってきましたが、これに加えて、大阪府立生野聴覚支援学校への寄贈を行うことになりました。仲立ちをしてくださったのは、本校校医が所属する「城南ロータリークラブ」です。 去る平成30年6月13日(水)に、学びのもり 道草館前で両校の関係者が集まり、図書の贈呈式を行いました。今後、毎年図書寄贈を行い、両校の関係を深めていきたいと考えています。

道草館前に関係者が集まり、贈呈式が始まりました。
附属天王寺中学校図書委員長から生野聴覚支援学校中学部の代表生徒へ、図書が手渡されました。
最後に参加者全員で記念撮影です。
参加者は以下の皆さんです。
  • ・生野聴覚支援学校中学部の生徒の皆さん
  • ・附属天王寺中学校図書委員会の皆さん
  • ・両校教職員
  • ・附属天王寺中学校PTA道草館委員会の皆さん
  • ・城南ロータリークラブの皆さん

【図書贈呈式 生徒代表挨拶】
本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
附属天王寺中学校、高等学校の校門を入って吹き抜けをくぐると「学びのもり」があり、その中に、今皆様がいらっしゃる、生徒の読書活動の充実を願って作られた「道草館」があります。
道草館は、各クラスの図書委員の生徒をはじめ先生方、PTAの方々、教育講演会の方々がそれぞれ集まりアイデアを出しあい、管理の仕方、貸出方法やルール、推薦本の選定、本の搬入に伴う作業を行い、附属天王寺が一丸となって作り上げたものです。
自然を感じながら本を手に取り、友達との談笑を楽しめるこの場は附属天王寺においてかかすことのできない大事な場所です。貸出等については、附属生としての自覚と責任において各自で行われています。
今回の図書贈呈に伴い、附属生だけでなく、より多くの方たちに読んでいただき、本を通して得た感動を共有し、読書活動がより一層充実することを願っております。
これからもこういった活動が定着、発展することを目指して私達も頑張っていきたいと思っています。
附属天王寺中学校 図書委員長
Copyright (C) 2018 Tennoji Junior High School attached to OKU. All rights reserved.