このページでは、本校のビオトープの活用を紹介していきます。

天王寺学びのもり(ビオトープ)は、本校卒業生でもある嶽山 洋志氏(中43期 高37期)の設計で、2008年に建設されました。本校生徒の憩いの場としての活用はもちろんのこと、地域の防災の役目も考えて設計されています。
上の写真は、天王寺のもり完成を記念して作成されたクリアファイルの絵です。この絵には、この「学びのもり」に関わってきた沢山の人達の思いがこめられています。どんぐりの木があり、生物が居心地のいい環境(虫の好きな植物が植えてあったり)と見ているだけで楽しくなってきます。

学びのもりでは、演奏会などのイベントも開かれています。是非、学校に来られた際には「天王寺 学びのもり」をゆっくりと見ていただきたいと思います。
Copyright (C) 2010 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.