平成29年度第1回PTA公開授業

平成29年7月4日(火)14:00〜15:30 化学実験室(本校東館2階)


今年度第1回公開授業では本校校舎主任の広谷先生に「飲み水」についてのご講義をいただきました。

公開授業案内
当日受付の様子
文化委員長より始まりの挨拶と広谷先生のご紹介
広谷博史先生のお話の様子 コレラについて
イギリスでのコレラの流行 感染経路と特定され、ハンドルが撤去されたロンドンの手押しポンプ→ジョンスノーがコレラを発見
授業の様子
当時の下水状況の説明
ドイツのアルトナで使われた砂ろ過池 →コレラ菌などの病原菌が除け、安全な水を供給できることが証明された。
きき酒ならぬ、きき水の説明
皆さん熱心にきき水されていました。
きき水の結果
福岡の水不足地域では海水を飲み水に変えています。
文化委員長より広谷先生へのお礼の言葉
和やかな雰囲気の中、広谷先生の公開授業が拍手と共に終了致しました。 ありがとうございました。
 現在の日本の生活からはコレラと聞いてもあまりピンときませんが、1800年代の水道技術では、下水が上水に流れ込むことも多く、劣悪な環境のもと、蔓延したコレラが多くの人々の命を奪いました。
 その後、麻酔医ジョン・スノウがコレラの原因、感染経路を特定。そしてドイツでは砂ろ過池によって、コレラ菌などの病原菌を取り除くことができるようになり、安全な水を供給することが可能となりました。
 「飲み水」という私たちの生活においてとても身近なテーマだったこともあり、皆様、興味深く聴講されていらっしゃいました。
 最後に、国内外いろいろな土地の水の”きき水”実験を致しました。説明後、時折笑い声が聞こえる楽しい雰囲気の中、皆様それぞれに、水の味の違いを慎重に確かめられていらっしゃいました。今は当然だと思われている安全な水。今後もずっと、おいしく安全な水を飲みつづけられるために、どのような視点を大切にしていかなければならないか、考えさせられる授業でした。
最後には多くの質問があり、ひとつひとつ丁寧にお答えいただく姿も印象的でした。
広谷先生、本当にありがとうございました。
(PTA広報委員)
 
Copyright (C) 2017 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.