平成25年度第2回公開セミナー  
   「グローバル人材育成のための英語教育」
   講師:吉田晴世先生(大阪教育大学附属高等学校校長)


平成25年11月17日(日)  午後2時〜4時 本校小講堂にて
参加者:194名

今回は附属高等学校長 吉田晴世先生をお招きして、文部科学省が掲げる「グローバル人材育成推進のための初等中等教育の充実」について英語教育の視点からお話いただきました。

校門前の立て看板です。
中・高等学校のPTA役員の皆さまで受け付けをしました。
教育後援会では学校グッズ販売をしました。
司会の高等学校副校長の岡先生より挨拶と吉田先生の紹介がありました。
吉田晴世先生
大阪教育大学教授として教鞭を執られている柏原キャンパスのユニークなエピソードを交えた説明から始まりました。
グローバル人材の育成が何故必要なのか。
グローバル人材に必要とされる3要素の1つ「語学力・コミュニケーション能力」の強化・対策について。
交渉レベルの能力を身につけさせることが目標。
約75%の語彙が音読できるフォニックス。子どもたちは、歌で覚えます。
SSH・米国研修旅行「サイエンスアドベンチャー」に同行されました。
生徒たちには、グローバル人材育成に於いて貴重な体験であったと称されました。
手話も言語である。
アメリカの手話ASL(American Sign Language)を教わり、
音楽に合わせて練習しました。
質疑応答では、小・中学校の保護者の方々や小学校教員を目指している大学生からの質問に丁寧に答えて下さいました。
高等学校PTA副会長栗谷様よりお礼の言葉が述べられました。
高等学校PTA副会長高辻様より感謝を込めて花束が贈呈されました。会場の皆さまからは拍手が送られました。
講演会終了後、参加者の皆さまにはアンケートにご協力頂き有り難うございました。

文部科学省が掲げる目標や社会状況から求められている「真のグローバルリーダー像」を分かりやすく提示してくださり、対策や最近の動向を具体的に説明して下さいました。合間に音楽や手話なども入り、楽しく有意義な2時間でした。
 
Copyright (C) 2013 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.