課題研究評価研究会のご案内

本校SSH事業の一環として、以下のとおり「課題研究評価研究会」を実施いたします。つきましては、関係教員の皆様にご周知いただくとともに、ご参加についてご配慮いただけますようお願い申し上げます。
1.名称
  課題研究評価研究会
2.目的
   高等学校における課題研究の標準ルーブリックを作成し、「課題研究で生徒につけるべき力」を顕在化・共有するとともに、各校における課題研究の広がりや深まりの指針とすることができるようにする。
3.対象
  SSH校のうち
 ・ 課題研究の評価について関心のある学校の先生
 ・ 「ルーブリック評価」について関心のある学校の先生
 ・ 「ルーブリック評価」の導入を検討している学校の先生
 ・ 課題研究の目的や方法、各校の状況について情報交換したい学校の先生
                                20校40名程度を予定
4.概要
  各校の実践をはさみ2回の研修を行う。
日時    1回目 11月21日(土) 13:00 〜 16:00
   場所:大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
2回目 1月30日(土) 10:00 〜 16:00
   場所:大阪教育大学天王寺キャンパス
内容    1回目 「ルーブリック」の概説
 課題研究ポスターのルーブリック作成ワークショップ 
実 践 作成したルーブリックをもとに、各校教員が「生徒研究発表会」などの機会にポスター評価を行う。
2回目 大学教員およびSSH校の実践報告によるパネルディスカッションおよびルーブリック評価実践報告会・成果と課題の共有
5.指導・助言
 
仲矢史雄 先生 (大阪教育大学科学教育センター准教授)
大貫 守 氏 (京都大学大学院教育学研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員)
6.その他
  ・2回の交流会では、「まずはじめる」こと、「課題を共有する」ことを中心的なねらいとし、次年度以降の、口頭発表や質疑、日常の活動なども対象としたルーブリック作成につなげることを計画しています。よって2回とも参加されることをお願いいたします。
・参加費用は無料ですが、交通費・日当等は各校でご負担ください。
申し込み
  ダウンロードした参加申込書ファイル(doc形式)に必要事項を入力の上、
添付して、10月30日(金)までにmorinaka★cc.osaka-kyoiku.ac.jpまで送信ください。
 (注)上記の「★」記号をを「@」記号に置き換えて下さい(spam防止のため不自由をおかけします)。
ファイル(moshikomi.doc)のダウンロードはこちらから
問い合わせ先
  大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎SSH推進委員会 森中敏行
  E-mail:morinaka★cc.osaka-kyoiku.ac.jp
   (注)上記の「★」記号をを「@」記号に置き換えて下さい(spam防止のため不自由をおかけします)。
  TEL:06-6775-6047
Copyright (C) 2015 Tennoji High School attached to OKU. All rights reserved.