6月6日(日),6時30分に京橋へ集合し,7時50分発の京都バスに2時間弱揺られ,ここ菅原バス停に到着。 出発。3年生1人,2年生4人,1年生4人の合計9人。女子は1人。
分岐から尾根コースへ。 分岐点の道標
尾根コースを行くと分岐があり,テープ通り上がると迷ってしまった。やはり谷コースとの合流点へ向かうべきだった。 しばらく行っても峠に出ないので,磁石を見ると,何と,南下していた。休憩し,Uターンすることに決定。無事ダンノ峠に出た。
ダンノ峠からは雰囲気のいい川沿いの樹林帯 同志社の小屋前に到着。冬に備えて同志社WV部のOBの方が薪を運んでいた。
中を見せていただいた。 小屋の前の広場で昼食
パスタのゆであがりを待つ。 パスタ
みんなで山で食べるからおいしいんです 「立入禁止」看板の前で集合写真
本当はここを登って廃村八丁へ行きたかった。 こんな雰囲気です
出発。大きなサルノコシカケが...。 大木の枯れたものも。
看板 ふたたびダンノ峠に帰ってきた
峠をぐんぐん下る。途中で尾根コースに合流。 これはアセビです。馬酔木と書きます。
最初の分岐点で休憩。 菅原バス停に戻ってきた。14時30分のバスを待つ。顧問の足にはヒルが這い上ってきた。見たことのない人も多く,いい経験でした。歩く距離は少し物足りないかな。