8月13日,テントを設営してから奥穂高岳へ。 涸沢小屋を出てすぐ岩場の登り。
バックの白い花はナナカマド。
チングルマの花。花が終わると綿毛となり,それ
が風車(稚児車といわれた)に似ているので,これ
がなまって,この名前になったそうだ。
40分登って休憩。雪渓を横切ってくるパノラマコ
ースとの合流点。写真の真っ直ぐ伸びた道を行
き,尾根にとりつく。
尾根のとりつき。正面に常念岳が見える。 この尾根の道をザイテングラートという。
険しい岩場となる。ガスの中に入ってしまった。 穂高岳山荘直下の雪渓。道は整備されて登りや
すい。
   
 穂高岳山荘到着。大休止。  山荘の天気予報。今日は晴れ。明日は雨?!
   
 山荘からの登りはもっと険しい。  50分登ると山頂が見えた。
   
 奥穂高岳登頂。標高3190mで日本で3番目に
高い。
今回のメンバー。 
   
 彼の名前は「ほだか」。だから今回の夏合宿の
目的地は奥穂高岳。穂高制覇おめでとう。
まだ,北穂も西穂も前穂も行きたいそうです。
10時頃ガスがとれて景色が見えてきた。感動。
前穂が見えた。 
   
 上高地も臨めた。赤い建物に挟まれたところに
河童橋がある。
 ジャンダルム(衛兵)。頂上に3人いた。
   
 下るのは惜しいが,下山。  来た道が見えた。左は涸沢岳。右奥は北穂高岳。
   
 下が見えると下るのは怖い。登るときはガスで
見えなかった。
 穂高岳山荘に戻ってきた。昼食はスパゲッティ。
   
 山荘前にて写真。  バックに険しい奥穂へのとりつき。
   
前穂高岳。前のトレースはパノラマコース。   涸沢テント場までもう少し。
   
 涸沢小屋で解散し自由時間。枝豆?  涸沢ヒュッテからの涸沢カール。稜線中央の雪
の上に,穂高岳山荘がある。あそこから下ってき
た。
   
夕食準備。  炊き込みご飯は大成功。うまい。