7月17日,朝食は,昨日炊いておいたご飯に,具のないシチュー。 テントは張ったままで,弥山と八経ヶ岳へ。
狼平の避難小屋入り口 出発。荷は軽い。
ガスっていて幽玄 弥山小屋が見えてきた。ガスの中だ。
弥山小屋前にて 看板前で記念写真
   
弥山小屋付近はいい雰囲気。5月にはまだ雪が残る。 もうすぐ近畿最高峰の八経ヶ岳
   
八経ヶ岳山頂にて 頂上の向こうには奥駆の道が連なる。立ち枯れの木も目立つ。
   
立ててあった錫杖を持つT君 頂上を出発。大阪府立大学ワンゲルと再び会う。
   
オオヤマレンゲは保護されている。2年前より増えていた。 弥山小屋近くの弥山山頂
   
ガスが晴れて,先ほど登った八経ヶ岳がくっきり見えてきた。弥山山頂から記念撮影 雲海と景色が見えてきた。
   
晴れた弥山を下山する。 遠くに金剛山
   
狼平でテントを撤収し,出発。荷物が重い。 広くて気持ちのいい尾根で休憩 
   
栃尾辻までは,こんな道が多い 栃尾辻到着。昼はカレーピラフ。 
   
調理中 少し味の薄い,けどおいしかったカレーピラフ。入れようとしていた冷凍の野菜は腐って使えなかった。
   
温泉へ下る道には少し危険な崩壊地がある。 ここだ。けど木の桟が設置され,針金は太いものになっていた。ここよりも手前の道の方が危険だった。
   
突然右手に広場が出てくる。休憩。ヘリポートだろうか?鉄塔跡だろうか?昔からある。  途中で林道になった。地図に載っていないし,2年前にはなかった。
   
林道を行く。少し時間短縮になったが,日陰がなく暑い。 再び登山道に戻りしばらく行くと鉄塔下に出る。そこから少し下ると,登山口に出る。
   
ついに天の川温泉到着  天の川温泉看板 
   
入浴後,荷物を整理。余った水は植物にやりました。  弥山橋が工事中で,天の川温泉バス停が移動。
8分ほど歩いてここのバス停からバスに乗って下市口駅へ。夏の八ヶ岳合宿に向けて反省点のいろいろあった山行でしたが,天候には恵まれました。