7月24日4時朝食,空身(軽装)で4時半発。地蔵尾根にとりつく。急登だ。 はしごを越えて,左にトラバースする。少し緊張する。
地蔵様のところで休憩。あと少しで縦走路に出る。 縦走路に出た。風があり寒い。
赤岳展望荘。 ガスっている。風があるので寒い。
ここから40分の登りで赤岳。 高山植物も多い。チシマギキョウとタカネツメクサ?
   
晴れてきたが急登 がけ
   
頂上山荘が見えてきた 山梨県側には街が見える。
   
頂上山荘到着。ブロッケン現象も見られた。 遠くに富士山
   
ここは北峰。あちらが最高峰の南峰 晴れている
   
私は頂上山荘の景色のいい食堂で500円のコケモモジュースを飲む。4年前は縦長のグラスだったのでは? 赤岳頂上にて
   
赤岳頂上にてpart2 下りも険しい
 
岩の間を下りて行く。人が多くすれ違いが大変。 どんどん下りる
   
文三郎尾根の分岐で休憩  あそこから下りてきた。 
   
文三郎尾根は一直線に行者小屋へ下る。  コケモモ。秋に実が成り,ジュースができる。 
   
晴れて中岳が見えた。たくさんの人が見えた。  行者小屋が見えてきた 
   
最後は網状の階段となる  行者小屋到着。大同心,小同心が見えた。 
   
昼は炊き込みご飯。うまくご飯を炊きたい一心で,こだわりの水の量。  大成功。久々のワンゲルのおいしいご飯。ちなみに昨日の晩はアルファ米(お湯で戻すだけの米)でした。 
   
テントを撤収して下山  川沿いを行く 
   
徒渉もある  美濃戸到着 
   
休憩。スイカも売っていた。  美濃戸口バス停到着。温泉に行くぞ!
えっ!バスは温泉を通らない?タクシーを呼びました。 
   
もみの湯。茅野行きのバスは通らず,原村の巡回バスだけが通っていました。茅野へもタクシーを呼ぶことに。バス代のほぼ倍かかりました。  茅野駅到着。ここで夕食を食べ,列車で長野へ。松本からの快速は往きと同じく,特急車両でゆったりできました。長野で1時間過ごした後,夜行バで帰阪。雨の降らない山行でした。